白川 英樹   (1936-)

白川 英樹(しらかわ ひでき、1936年8月20日 - )は、日本の化学者。 東京工業大学工学博士、筑波大学名誉教授、日本学士院会員。 「導電性高分子の発見と発展」により、ノーベル化学賞を受賞した。 [来歴・人物] 1936年、東京府に生まれる。 父は陸軍で軍医をしており、兄、姉、弟、妹がそれぞれ1人ずついる5人兄弟の真ん中だったp=156。 なお、白川の祖父と高橋尚子の大祖母は兄妹であり、高橋ははとこ姪(二従姪)にあたる。 父の仕事で3-4歳の頃に台湾に渡ったp=28後、母の実家がある岐阜県高山に短期間住んで幼稚園に通っていたp=3。 幼稚園の途中で再び父の仕事で満州に引越し、遼陽、鞍山、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シラカワ ヒデキ
人物別名 白川英樹
生年 1936年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大気を変える錬金術 トーマス・ヘイガー [著] ; 渡会圭子 訳 みすず書房
2017.9
実験でわかる電気をとおすプラスチックのひみつ 白川英樹, 廣木一亮 共著 コロナ社
2017.12
PEDOTの材料物性とデバイス応用 奥崎秀典 監修 サイエンス&テクノロジー
2012.3
大気を変える錬金術 : ハーバー、ボッシュと化学の世紀 トーマス・ヘイガー 著 ; 渡会圭子 訳 みすず書房
2010.5
セレンディピティーを知っていますか 白川英樹 述 畑田家住宅活用保存会
2006.12
何を学ぶか : 作家の信条、科学者の思い : ノーベル受賞者を囲むフォーラム「21世紀の創造」 大江健三郎, 白川英樹 述 読売新聞社
2004.4
白川英樹博士と導電性高分子 赤木和夫, 田中一義 編 化学同人
2002.1
化学に魅せられて 白川英樹 著 岩波書店
2001.1
私の歩んだ道 : ノーベル化学賞の発想 白川英樹 著 朝日新聞社
2001.2
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想