伊波 普猷   (1876-1947)

Wikipedia「伊波普猷

「青空文庫」より

伊波 普猷(いは ふゆう、1876年(明治9年)3月15日 - 1947年(昭和22年)8月13日)は、沖縄県那覇市出身の民俗学者、言語学者、沖縄学の父として知られる。 [経歴] 琉球藩那覇西村(現在の那覇市西)に父普済・母マツルの長男として生まれる。 1903年(明治36年)、第三高等学校を卒業した後、東京帝国大学で言語学を専攻する。 帝大では、橋本進吉、小倉進平、金田一京助らの学友とともに、新村出の講義を聴講した。 帰郷後沖縄県立図書館の館長を務める傍ら、沖縄研究資料の収集に尽力した。 歴史学者の比嘉春潮とともに、エスペラント学習活動を、教会では聖書の講義などを行った。 弟伊波月城は、沖...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イハ フユウ
人物別名 伊波普猷
生年 1876年
没年 1947年
職業・経歴等 言語学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
花売の縁 国立劇場おきなわ調査養成課編 国立劇場おきなわ
2017.11
「おもろさうし」選釈 伊波普猷 著 慧文社
2015.9
糸納敵討 国立劇場おきなわ調査養成課編 国立劇場おきなわ
2013.8
浄土真宗沖縄開教前史 : 仲尾次政隆と其背景 伊波普猷 著 榕樹書林
2010.12
執心鐘入 国立劇場おきなわ調査養成課編集 国立劇場おきなわ運営財団
2010.9
琉球女性史 ; 女性史の根本的研究 ; 日本恋愛史 伊波普猷著 ; 中沢信著 ; 村田実著 クレス
2008.3
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
2007.6
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
2007.6
第769巻〜第778巻 : 明治後期産業発達史資料 第14期鉱工業一班篇 [武富時敏著] 竜渓書舎
2007.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想