石川 逸子   (1933-)

石川 逸子(いしかわ いつこ、1933年2月18日 - )は昭和後期から平成時代の日本の詩人。 [経歴] 東京都生まれ。 お茶の水女子大学史学科卒業。 中学校教員を務めながら詩作を行い、1961年に詩集『狼・私たち』で第11回H氏賞を受賞。 1986年、詩集『千鳥ケ淵へ行きましたか』で第11回地球賞を受賞。 1982年から29年にわたって、季刊ミニコミ誌「ヒロシマ・ナガサキを考える」全100号を発行した。 原爆や従軍慰安婦問題をテーマとするなど、社会派の作風。 [著書] 日に三度の誓い―石川逸子詩集 現代詩研究所 1956年 狼・私たち―詩集 飯塚書店 1960年 ヒロシマ連祷―石川逸子詩...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イシカワ イツコ
人物別名 石川逸子
生年 1933年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
道昭 石川逸子 著 ; 鈴木比佐雄, 座馬寛彦 編 コールサック社
2016.11
戦争と核と詩歌 石川逸子 著 スペース伽耶
星雲社
2015.8
石川逸子詩集 石川逸子 著 土曜美術社出版
2014.8
たった一度の物語 : アジア・太平洋戦争幻視片 : 詩集 石川逸子 著 花神社
2013.5
日本軍「慰安婦」にされた少女たち 石川逸子 著 岩波書店
2013.11
哀悼と怒り 御庄博実, 石川逸子 著 西田書店
2012.6
ロンゲラップの海 : 詩集 石川逸子 著 花神社
2009.7
オサヒト覚え書き : 亡霊が語る明治維新の影 石川逸子 著 一葉社
2008.8
引き裂かれながら、私たちは書いた 丸屋博, 石川逸子 編著 西田書店
2006.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
解説 石川 逸子
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想