石井 孝   (1909-1996)

石井 孝(いしい たかし、1909年10月25日 - 1996年5月6日)は、日本史学者。 幕末維新期対外関係が専門。 [経歴] 東京に生まれた。 1933年東京帝国大学文学部国史学科卒業。 東京大学史料編纂所所員を勤め、戦後大阪大学教授、1953年横浜市立大学教授、1960年東北大学教授、津田塾大学教授。 文学博士。 孝明天皇の岩倉具視による毒殺説を唱えて原口清(当時名城大学商学部教授)と論争した。 また大岡昇平の、森鴎外「堺事件」批判の論拠となったのが『明治維新の国際的環境』である。 [著書] 幕末貿易史の研究 日本評論社 1944(日本歴史学大系 第4巻) 幕末の外交 三一書房 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イシイ タカシ
人物別名 石井孝
生年 1909年
没年 1996年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本開国史 石井孝 著 吉川弘文館
2010.4
戊辰戦争論 石井孝 著 吉川弘文館
2008.1
幕政改革 家近良樹 編 吉川弘文館
2001.2
維新政権の成立 松尾正人 編 吉川弘文館
2001.4
近代史を視る眼 : 開国から現代まで 石井孝 著 吉川弘文館
1996.4
明治維新と外圧 石井孝 著 吉川弘文館
1993.7
明治維新と自由民権 石井孝 著 有隣堂
1993.11
幕末開港期経済史研究 石井孝 著 有隣堂
1987.6
勝海舟 石井孝 著 吉川弘文館
1986.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想