新保 祐司   (1953-)

新保 祐司(しんぽ ゆうじ、1953年5月12日 - )は、日本の文芸評論家、都留文科大学副学長・教授。 [略歴] 宮城県仙台市出身。 四人兄弟の末っ子。 父親は出光興産勤務。 小中学校時代は世田谷区の上馬で過ごす。 世田谷区立旭小学校、世田谷区立駒留中学校卒業。 1977年東京大学文学部仏文科卒業。 キリスト教や日本の伝統・文化に理解を示す。 自らの評論を「文芸的な評論」とし、詩的な文章をつくることを主眼としている。 文芸評論家の富岡幸一郎との対談本、共著が比較的多い。 表現者、北の発言に連載をもつ。 2007年度の第8回正論新風賞を受賞。 [著書] 内村鑑三(構想社 1990) 島木...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シンポ ユウジ
人物別名 新保祐司
生年 1953年
没年 -
職業・経歴等 文芸評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
詩情のスケッチ : 批評の即興 新保祐司著 藤原書店
2019.8
明治の光・内村鑑三 新保祐司 著 藤原書店
2018.1
明治頌歌 新保祐司 著 展転社
2017.7
内村鑑三 新保祐司 著 文芸春秋
2017.10
「海道東征」への道 新保祐司 著 藤原書店
2016.9
鬼火 新保祐司 著 港の人
2016.9
ハリネズミの耳 新保祐司 著 港の人
2015.11
異形の明治 新保祐司 著 藤原書店
2014.8
シベリウスと宣長 新保祐司 著 港の人
2014.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想