落合 恵美子   (1958-)

落合 恵美子(おちあい えみこ、1958年1月15日 - )は、日本の社会学者。 京都大学教授。 東京都生まれ。 家族社会学、ジェンダー論、歴史社会学を専攻。 『21世紀家族へ』ではフェミニズムイデオロギーを前面に出した抽象的理想論の趣が強かったが、『近代家族の曲がり角』以後、近代のみを問題にしがちな日本の社会学者の中で、徳川時代にさかのぼって研究する歴史社会学の手法をとる。 徳川時代の宗門人別改帳の歴史人口学的分析による「家」の実態解明、現代アジアにおける家族変動の比較社会学的調査研究にも携わる。 夫は同志社大学経済学部教授で数理神学提唱者の落合仁司。 [略歴] 1980年 東京大学文学部...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オチアイ エミコ
人物別名 落合恵美子

Ochiai, Emiko

Emiko Ochiai
生年 1958年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
家族イデオロギー 森本一彦, 平井晶子, 落合恵美子編 有斐閣
2022.3
結婚とケア 平井晶子, 落合恵美子, 森本一彦編 有斐閣
2022.3
セクシュアリティとジェンダー 落合恵美子, 森本一彦, 平井晶子編 有斐閣
2022.3
どうする日本の家族政策 落合恵美子編著 ミネルヴァ書房
2021.11
21世紀家族へ 落合恵美子著 有斐閣
2019.10
創発する日本へ アンドルー・ゴードン, 瀧井一博 編 弘文堂
2018.2
失われた20年と日本研究のこれから 瀧井一博 編. 失われた20年と日本社会の変容 = The lost two decades and the transformation of Japanese society : 海外シンポジウム2015日文研・ハーヴァード / 瀧井一博 編 人間文化研究機構国際日本文化研究センター
2017.3
徳川日本の家族と地域性 落合恵美子 編著 ミネルヴァ書房
2015.7
変革の鍵としてのジェンダー 落合恵美子, 橘木俊詔 編著 ミネルヴァ書房
2015.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想