行方 均   (1947-)

行方均(なめかた ひとし、1947年- )は、アメリカ文学者、首都大学東京名誉教授。 1976年明治大学大学院修士課程修了。 東京都立短期大学助教授、教授、首都大学東京教授。 2012年3月退官、首都大学東京名誉教授。 アメリカ黒人文学、都市伝説などを研究、翻訳する。 [著書(単著)] 記憶の語りと語りの記憶 アーネスト・J・ゲインズ、デイヴィッド・ブラッドリー、リチャード・ライト 南雲堂フェニックス 2005.12 [著書(共著)] 英米文学と言語 ホメロス社、1990,7 世界の黒人文学 アフリカ、カリブ、アメリカ 鷹書房弓プレス、2004,4 黒人研究の世界 青磁書房、2004,6 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナメカタ ヒトシ
人物別名 行方均
生年 1947年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
神の残した黒い穴を見つめて : アメリカ文学を読み解く : 須山静夫先生追悼論集 松本昇, 大﨑ふみ子, 行方均, 高橋明子 編 音羽書房鶴見書店
2013.6
影と行為 ラルフ・エリスン 著 ; 行方均, 松本昇, 松本一裕, 山嵜文男 訳 南雲堂フェニックス
2009.7
記憶の語りと語りの記憶 : アーネスト・J・ゲインズ、デイヴィッド・ブラッドリー、リチャード・ライト 行方均 著 南雲堂フェニックス
2005.12
文化表象としての都市のトポスと意味変容 岡崎一, 矢崎淳司, 行方均, 野口肇, 岩崎正吾, 大久保明男, 前田庸介 [著] 東京都立短期大学
2004.7
記憶のポリティックス : アメリカ文学における忘却と想起 松本昇, 松本一裕, 行方均 編 南雲堂フェニックス
2001.10
現代文化にかんする国際的・学際的研究 : 1999年度東京都立短期大学特定研究報告書 行方均, 石川尚子, 高桑史子, 山口勇, 岡崎一, 岩崎正吾, 前田庸介 著 東京都立短期大学
2000.9
ドーベルマンに何があったの? : アメリカの「新しい」都市伝説 ジャン・ハロルド・ブルンヴァン 著 ; 行方均 訳 新宿書房
1997.4
黒人文学と見えない都市 : アメリカ/スイートホーム チャールズ・スクラッグズ 著 ; 松本昇, 行方均, 福田千鶴子 訳 彩流社
1997.10
赤ちゃん列車が行く : 最新モードの都市伝説 ジャン・ハロルド・ブルンヴァン 著 ; 行方均 訳 新宿書房
1997.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想