芦名 定道   (1956-)

芦名 定道(あしな さだみち、1956年7月24日 - )は、日本のキリスト教学者、京都大学教授。 山形県新庄市生まれ。 1980年京都大学理学部卒業、1982年同文学部哲学科キリスト教学専攻卒業、1988年同大学院博士後期課程単位取得退学、同10月大阪市立大学文学部講師(宗教学)、1992年助教授、1994年「P.ティリッヒの宗教思想研究」で文学博士。 1995年京大文学部助教授(キリスト教学)、2007年文学研究科准教授、2008年教授。 博士後期課程在学中に大阪府立工業高等専門学校、大阪体育大学の非常勤講師として勤務していたことがある。 妻は芦名裕子。 [著書] 宗教学のエッセンス 宗...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アシナ サダミチ
人物別名 芦名定道
生年 1956年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
東アジア・キリスト教研究とその射程 : 無教会キリスト教を中心に 芦名定道著 三恵社
2019.3
1冊でわかるキリスト教史 : 古代から現代まで 土井健司 [ほか] 執筆 日本キリスト教団出版局
2018.3
東アジア・キリスト教の現在 芦名定道著 三恵社
2018.3
近代日本とキリスト教思想の可能性 芦名定道 著 三恵社
2016.2
21世紀の宗教研究 井上順孝 編 ; マイケル・ヴィツェル, 長谷川眞理子, 芦名定道 [執筆] 平凡社
2014.8
脳科学は宗教を解明できるか? = Can Neuroscience Throw Light on Religion? 芦名定道, 星川啓慈 編 ; 冲永宜司, 杉岡良彦, 藤田一照, 松野智章 著 春秋社
2012.8
「自然」を神学する : キリスト教自然神学の新展開 A.E.マクグラス 著 ; 芦名定道, 杉岡良彦, 濱崎雅孝 訳 教文館
2011.7
自然神学再考 : 近代世界とキリスト教 芦名定道 著 晃洋書房
2007.2
グローバル化時代の人文学 : 対話と寛容の知を求めて : 京都大学文学部創立百周年記念論集 紀平英作 編 京都大学学術出版会
2007.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想