安西 冬衛   (1898-1965)

Wikipedia「安西冬衛

「青空文庫」より

安西 冬衛(あんざい ふゆえ、1898年(明治31年)3月9日 - 1965年(昭和40年)8月24日)は日本の詩人である。 本名は勝(まさる)。 奈良県出身。 [略歴] 堺中学校(現・大阪府立三国丘高等学校)卒業。 1920年、父の赴任先であり当時日本の租借地であった大連に渡る。 翌1921年、関節炎を患い右脚を切断。 1924年11月、北川冬彦らと詩誌「亞」を大連で創刊。 その後「軍艦茉莉」「亜細亜の鹹湖」「渇ける神」等の詩集を出すかたわら「詩と詩論」「文学」等に拠り活動、現代詩人会会員として終わる。 「春」と題した一行詩が有名。 [著書] 『軍艦茉莉』現代の芸術と批評叢書 厚生閣書店...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アンザイ フユエ
人物別名 安西冬衛

安西, 勝
生年 1898年
没年 1965年
職業・経歴等 詩人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
言語空間の探検 安西冬衛 著者代表 学芸書林
2004.10
日本の詩歌 北川冬彦 [ほか著] 中央公論新社
2003.6
安西冬衞詩集 安西冬衞 著 思潮社
2002.5
北川冬彦・安西冬衛・北園克衛・春山行夫・竹中郁 - 中央公論新社
2001.7
架空の町 J.L.ボルヘス ほか著 国書刊行会
1997.10
満洲・内蒙古/樺太 黒川創 編 新宿書房
1996.2
軍艦茉莉 : 詩集 安西冬衛 作 ゆまに書房
1994.10
安西冬衛全集 山田野理夫 編 宝文館
1986.8
安西冬衛全集 山田野理夫 編 宝文館
1984.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想