中村 孝文   (1952-)

中村 孝文(なかむら たかふみ、1952年 - )は日本の政治学者。 武蔵野大学政治経済学部長(教授)。 [学歴] 国際基督教大学大学院行政学研究科博士課程単位取得退学(行政学修士) [職務歴] 国際基督教大学助手、非常勤講師、(財)市川房枝記念会婦選会館講師、東洋大学非常勤講師、青山学院大学非常勤講師 [研究領域] 西洋政治思想史、政治哲学(マックス・ヴェーバーなど) [翻訳書] 「デモクラシーとは何か」岩波書店、2001、ロバート・ダール著 「政治学批判」みすず書房、1988、シェルドン・ウォリン著(千葉真らと共訳) [著書] 「上・中級公務員試験 20日間で学ぶ政治学の基礎」実...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカムラ タカフミ
人物別名 中村孝文
生年 1952年
没年 -
職業・経歴等 政治学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
市民社会論 杉田孝夫, 中村孝文 編著 おうふう
2016.3
20日間で学ぶ政治学の基礎 : 上・中級公務員試験 中村孝文, 下條慎一 編著 実務教育
2006.10
デモクラシーとは何か R.A.ダール [著] ; 中村孝文 訳 岩波書店
2001.5
選択枝で覚える行政学 : 公務員試験 中村孝文 編著 実務教育
1989.6
政治学批判 シェルドン・S.ウォリン 著 ; 千葉真 ほか編訳 みすず書房
1988.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想