岩本 通弥   (1956-)

岩本 通弥(いわもと みちや、1956年 - )は、民俗学研究者、東京大学大学院総合文化研究科教授。 東京生まれ。 1985年、筑波大学大学院歴史・人類学研究科博士課程満期退学。 その後、国立歴史民俗博物館助手、東京大学教養学部助教授を経て、同教授。 専門は都市民俗学、民俗学の対象化である。 [著書] 編著はあるが単著はない。 [著書] 都市民俗学へのいざない 1-2 共編(雄山閣出版、1989) 覚悟と生き方 編著(ちくま新書、1999) 現代民俗誌の地平 記憶(朝倉書店、2003) 都市の暮らしの民俗学 1-3 新谷尚紀共編(吉川弘文館、2006) ふるさと資源化と民俗学 編著(吉川弘...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イワモト ミチヤ
人物別名 岩本通弥
生年 1956年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
方法としての「語り」 : 民俗学をこえて 岩本通弥編著 ミネルヴァ書房
2020.4
世界遺産時代の民俗学 : グローバル・スタンダードの受容をめぐる日韓比較 岩本通弥 編 風響社
2013.2
民俗学の可能性を拓く : 「野の学問」とアカデミズム 岩本通弥, 菅豊, 中村淳 編著 青弓社
2012.11
現代民俗誌の地平 岩本 通弥【編】 朝倉書店
2012.8
暮らしの革命 : 戦後農村の生活改善事業と新生活運動 田中宣一 編著 農山漁村文化協会
2011.3
オーラルヒストリーと<語り>のアーカイブ化に向けて 岩本通弥, 法橋量, 及川祥平 編 成城大学民俗学研究所グローカル研究センター
2011.3
都市民俗研究の方法 有末賢, 内田忠賢, 倉石忠彦, 小林忠雄 編 岩田書院
2009.10
地域資源としての「景観」の保全および活用に関する民俗学的研究 研究代表者 岩本通弥 岩本通弥
2009.3
ふるさと資源化と民俗学 岩本通弥 編 吉川弘文館
2007.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想