平田 職忠   (1580-1660)

平田 職忠(ひらた もとただ、天正8年(1580年)-万治3年6月16日(1660年7月23日))は、安土桃山時代・江戸時代初期の地下官人。 官位は正四位上・蔵人所出納・大蔵大輔。 兵庫頭・深尾職久の子、母は多忠宗の娘。 平田職清の養嗣子。 正室は河越宗也の娘。 子に職在・晃海がいる。 号は萃庵。 [経歴] 平田家庶流の出身だが、宗家である伯父職清の養子となる。 天正14年9月26日(1586年11月7日)に従五位下左近衛将監に叙任される。 後に豊後守に転じて左衛門大尉を兼ねる。 舟橋秀賢に有職故実を学び、「官職学の中興」として知られた。 後陽成上皇にも有職故実を伝授して、慶長13年(160...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒラタ モトタダ
人物別名 平田職忠

中原, 職忠
生年 1580年
没年 1660年
職業・経歴等 公家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
職原抄引事大全 9巻目録1巻 植木悦集註 ; 中原職忠校正 吉田庄左衛門
萬治2 [1659] [刊]
職原抄引事大全 植木悦集註 ; 中原職忠校正 吉田庄左衛門
萬治2 [1659]
職原抄引事大全 9巻首2巻 植木悦集註 ; 中原職忠校正 吉田庄左衛門
萬治2 [1659]
魚魯愚鈔 - 者不明
[1---]
魚魯愚鈔 - 書写者不明
[1---]
令集解 40巻 [惟宗直本編] ; 清原秀賢 [校合] ; 中原職忠 [校] 書写者不明
[書写年不明]
官職便覧 55巻首1巻 中原職忠 [編] 書写者不明
[書写年不明]
女官志 3巻 中原職忠撰 書写者不明
[書写年不明]
立太子次第並女官志 - 書写者不明
[江戸後期]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想