井上 忠   (1926-2014)

井上 忠(いのうえ ただし、1926年3月25日 - 2014年9月20日)は、日本の哲学者、東京大学教養学部名誉教授。 [来歴] 広島県呉市生まれ。 広島県立呉第一中学校、第一高等学校を経て東京大学法学部政治学科卒業後、文学部哲学科卒。 同大学院特別研究生満期退学。 東大教養学部哲学教授を1987年、定年退官、日本大学教授、聖徳大学教授を歴任。 1996年「パルメニデス」で博士(学術)の学位取得。 2006年秋、瑞宝中綬章受勲。 アリストテレス研究が専門だが、言語哲学や自然科学との関係の上に哲学研究を行った。 学生からは「いのちゅう」と呼ばれていた。 2014年9月20日、横浜市内の病院で...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イノウエ タダシ
人物別名 井上忠
生年 1926年
没年 2014年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
全体性と内蔵秩序 D.ボーム 著 ; 井上忠, 伊藤笏康, 佐野正博 訳 青土社
2005.11
究極の探究 井上忠 著 法蔵館
1998.7
パルメニデス 井上忠 著 青土社
1996.2
全体性と内蔵秩序 D.ボーム 著 ; 井上忠 [ほか]訳 青土社
1996.7
超=言語の探究 井上忠 著 法蔵館
1992.2
空像としての世界 ケン・ウィルバー 編 ; 井上忠 他訳 青土社
1992.7
モイラ言語 井上忠 著 東京大学出版会
1988.9
アリストテレス全集 山本光雄 編 岩波書店
1987.10
ギリシア哲学の最前線 井上忠, 山本巍 編訳 東京大学出版会
1986.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想