佐藤 貫一   (1907-1978)

佐藤 貫一(さとう かんいち、明治40年(1907年)4月13日 - 昭和53年(1978年)2月26日)は、日本の刀剣学者。 日本刀研究の権威として知られる。 (財)日本美術刀剣保存協会常務理事。 刀剣博物館副館長。 貴ノ花後援会会長。 号は寒山。 特に新刀の研究で知られ、古刀の研究で知られる本間薫山と並んで、しばしば両山と呼ばれる。 栄典・称号は従四位・勲三等・瑞宝章・文学博士(國學院大學)・剣道教士七段。 [経歴] 1907年4月13日 、佐藤久平の子として山形県鶴岡市大海町(現・新海町)に生れる。 1925年、鶴岡中学校(現在の山形県立鶴岡南高等学校)を卒業 國學院大學国文科卒業。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サトウ カンイチ
人物別名 佐藤貫一
生年 1907年
没年 1978年
職業・経歴等 教育者
をも見よ 佐藤, 寒山(1907-1978)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
寒山刀話 佐藤貫一 著 東京
1973
日本名刀100選 佐藤寒山 著 秋田書店
1971
武将とその愛刀 佐藤寒山 著 新人物往来社
1971
寒山刀剣教室 佐藤寒山 著 徳間書店
1968
武将と名刀 佐藤寒山 著 人物往来社
1964
肥後金工大鑑 佐藤寒山, 本間薫山, 加島進 編 日本美術刀剣保存協会
1964
日本名刀物語 佐藤寒山 著 白凰社
1962
堀川国広とその弟子 佐藤貫一 編 伊勢寅彦
1962
日本の刀剣 佐藤貫一 著 至文堂
1961
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想