井上 光貞   (1917-1983)

井上 光貞(いのうえ みつさだ、1917年(大正6年)9月19日 - 1983年(昭和58年)2月27日)は、日本の歴史学者。 東京大学名誉教授。 国立歴史民俗博物館初代館長。 紫綬褒章受賞者。 文学博士。 専門は日本古代史(上代日本史)。 井上馨の孫に当たる。 [人物] 古代日本、特に浄土教を中心とした仏教思想史、律令制以前の国家と天皇の起源に関する問題、律令研究を通じての「固有法」から「律令法」への変遷をテーマに研究した。 後年は、『日本書紀』や律令等の古典籍の注釈を専らとし、特に律令の注釈は石母田正らと編集した『日本思想大系 3 律令』(岩波書店)に詳しい。 井上の歴史学の方向は、恩師...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イノウエ ミツサダ
人物別名 井上光貞
生年 1917年
没年 1983年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
神話から歴史へ 井上光貞 著 中央公論新社
2005.6
飛鳥の朝廷 井上光貞 著 講談社
2004.7
井上光貞 : わたくしの古代史学 井上光貞 著 日本図書センター
2004.12
日本書紀 井上光貞 監訳 ; 川副武胤, 佐伯有清 訳 中央公論新社
2003.8
日本書紀 坂本太郎 ほか校注 岩波書店
2003.9
日本書紀 坂本太郎 ほか校注 岩波書店
2003.9
日本書紀 井上光貞 監訳 ; 佐伯有清, 笹山晴生 訳 中央公論新社
2003.9
日本書紀 坂本太郎 ほか校注 岩波書店
2003.10
日本書紀 坂本太郎 ほか校注 岩波書店
2003.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想