大沢 真幸   (1958-)

大澤 真幸(おおさわ まさち、男性 1958年10月15日 - )は、日本の社会学者。 元京都大学教授。 専攻は数理社会学、理論社会学。 社会学博士(東京大学)。 妻は立教大学教授の吉澤夏子。 [人物・略歴] 長野県松本市生まれ。 信州大学教育学部附属松本中学校を卒業し、長野県松本深志高等学校卒業。 東京大学文学部社会学科卒業。 1987年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。 同年4月、東京大学文学部助手( - 1990年)。 1990年「行為の代数学」で東大社会学博士。 その後、千葉大学文学部講師・助教授、1997年京都大学人間・環境学研究科助教授。 2007年同研究科教...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオサワ マサチ
人物別名 大沢真幸

大澤, 真幸
生年 1958年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
経済の起原 大澤真幸著 岩波書店
2022.1
「女」としての天皇 大澤真幸著 ; 本郷和人ゲスト 左右社
2021.2
新世紀のコミュニズムへ : 資本主義の内からの脱出 大澤真幸著 NHK
2021.4
「主体」の誕生 大澤真幸著 講談社
2021.5
むずかしい天皇制 大澤真幸, 木村草太著 晶文社
2021.5
資本主義の父殺し 大澤真幸著 講談社
2021.6
思想としての「新型コロナウイルス禍」 [大澤真幸ほか著] 河出書房新社
2020.5
コロナ時代の哲学 大澤真幸著 左右社
2020.7
コロナ後の世界 : いま、この地点から考える 筑摩書房編集部編 ; 小野昌弘 [ほか著] 筑摩書房
2020.9
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想