井上 秀雄   (1924-2008)

井上 秀雄(いのうえ ひでお、1924年(大正13年)12月1日 - 2008年10月7日)は、日本の歴史学者。 東北大学、樟蔭女子短期大学名誉教授。 専門は古代朝鮮史、日朝関係史。 [人物] 愛知県生まれ。 京大では三品彰英に師事。 通説とは異なった多くの問題提起をした。 倭を大和朝廷とする通説に対して、朝鮮南部にいた人を倭人と呼んだ、などがその一例である。 (「倭・倭人・倭国」東アジア古代史再検討 第2部参照 人文書院)朝鮮古代史を『日本書紀』から論じるのではなく、『三国史記』や中国の関連古典から論じ、それに比して『日本書紀』等の朝鮮関連の記述は批判的に解釈するという研究姿勢。 考古学に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イノウエ ヒデオ
人物別名 井上秀雄
生年 1924年
没年 2008年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
東アジア民族史 井上秀雄 ほか訳注 平凡社
2007.9
東アジア民族史 井上秀雄 ほか訳注 平凡社
2007.9
三国史記 金富軾 [著] ; 井上秀雄 訳注 平凡社
2006.11
三国史記 金富軾 [著] ; 井上秀雄 訳注 平凡社
2006.11
古代朝鮮 井上秀雄 [著] 講談社
2004.10
新羅と日本 井上秀雄著 糺書房
者不明
2001.8
新羅と日本 井上秀雄 著 井上秀雄
2001.8
南方神話と古代の日本 中西進 編 角川書店
1995.1
古代東アジアの文化交流 井上秀雄 著 渓水社
1993.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想