板倉 聖宣   (1930-2018)

板倉 聖宣(いたくら きよのぶ、1930年5月2日 - )は、日本の教育学者。 「仮説実験授業」の提唱者として知られる。 理学博士。 自称「いたずら博士」。 現在、私立板倉研究室室長。 [年表] 1930年:東京の下町に生まれる。 1953年:東京大学教養学部を卒業。 1958年:東京大学大学院数物系研究科(物理)修了。 専門は科学史。 1959年:国立教育研究所に勤務。 在職中は物理教育研究室長も勤めた 1963年:庄司和晃らと「仮説実験授業」を提唱。 仮説実験授業研究会を発足 以降、同授業を実践する多くの教員の協力を得て、「授業書」(テキスト)を多数執筆 1973年:遠山啓らと教育雑誌『...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イタクラ キヨノブ
人物別名 板倉聖宣
生年 1930年
没年 2018年
職業・経歴等 教育学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
マネしたくなる学級担任の定番メニュー 「たのしい授業」編集委員会 編 仮説社
2017.3
理科オンチ教師が輝く科学の授業 板倉聖宣, 堀江晴美 著 ; 犬塚清和 編 仮説社
2017.8
足はなんぼん? 板倉聖宣 著 ; 中村隆 絵 仮説社
2016.8
せぼねのある動物たち 板倉聖宣 著 ; 山田博之 絵 仮説社
2016.11
変体仮名とその覚え方 板倉聖宣 著 仮説社
2016.11
日本の都道府県 板倉聖宣 著 仮説社
2015.6
解剖の授業はいかが 「たのしい授業」編集委員会 編 仮説社
2015.7
熱はどこにたくわえられるか 板倉聖宣, 犬塚清和, 大黒美和 著 仮説社
2015.8
学びの海への船出 大野照文 監修 ; 蒲生諒太 編著 京都大学総合博物館
2015.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想