稲村 順三   (1900-1955)

稲村 順三(いなむら じゅんぞう、1900年9月30日 - 1955年2月21日)は、日本の農民運動家・政治家。 元衆議院議員(5期)。 本名は「稲村順蔵」、ペンネームは「村上進」。 [来歴・人物] 新潟県三条市出身。 北海道帝国大学予科から東京帝国大学へ入学するが、兄・稲村隆一の影響を受け農民運動に関わるようになり大学を中退。 1926年に労働農民党に入党し、雑誌「マルクス主義」の編集者。 無産大衆党書記や社会大衆党書記を務め、1927年『労農』同人、1932年には秋田、新潟の農民運動に参加するも、1937年人民戦線事件で検挙され、釈放の後に帝国農業会嘱託や中央農会副参事として勤務する。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イナムラ ジュンゾウ
人物別名 稲村順三

稲村, 順蔵
生年 1900年
没年 1955年
職業・経歴等 衆議院議員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
農民運動論 稲村順三, 大森真一郎, 岡田宗司 共著 三元社
1960
農民運動論 稲村順三 等著 三元社
1949
農民運動論 稲村順三 等著 三元社
昭和24
農民運動論 稲村順三 等著 三元社
1949
農産物価格論 稲村順三 著 東洋書館
昭和17
食糧増産の基本問題 稲村順三 著 橘書店
昭和16
転換期の食糧問題 稲村順三 著 東洋経済新報社
昭和15
日本に於ける農業恐慌 稲村隆一, 稲村順三 著 白揚社
昭和6
資本の攻勢と農業問題 : コミンテルン第4・第5大会における討論 コミンテルン 編 ; 稲村順三 訳 文芸戦線社出版部
昭和4.5
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想