富田 恭彦   (1952-)

冨田恭彦(とみだ やすひこ、1952年2月- )は、日本の哲学者、京都大学教授。 香川県生まれ。 1975年京都大学文学部哲学科卒業。 81年同大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。 95年『ロック哲学の隠された論理』で京都大学文学博士。 京都教育大学助教授、ハーバード大学客員研究員、京都大学人間・環境学研究科教授。 現象学・分析哲学の研究を基盤としながら、原子論の復活と連動して形成された西洋近代観念説(表象説)の論理の解明を進めている。 ハーバード留学中に執筆した『ロック哲学の隠された論理』の英語版 Idea and Thing: The Deep Structure of Lo...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トミダ ヤスヒコ
人物別名 富田恭彦

Tomida, Yasuhiko

Yasuhiko Tomida

冨田, 恭彦
生年 1952年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
詩としての哲学 : ニーチェ・ハイデッガー・ローティ 冨田恭彦著 講談社
2020.2
バークリの「原理」を読む : 「物質否定論」の論理と批判 冨田恭彦著 勁草書房
2019.6
カント哲学の奇妙な歪み 冨田恭彦 著 岩波書店
2017.1
カント入門講義 冨田恭彦 著 筑摩書房
2017.3
ロック入門講義 : イギリス経験論の原点 冨田 恭彦【著】 筑摩書房
2017.12.10
ローティ 冨田恭彦 著 筑摩書房
2016.11
観念論の教室 冨田恭彦 著 筑摩書房
2015.9
連帯と自由の哲学 : 二元論の幻想を超えて R.ローティ [著] ; 冨田恭彦訳 岩波書店
2014.5
文化政治としての哲学 リチャード・ローティ 著 ; 冨田恭彦, 戸田剛文 訳 岩波書店
2011.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想