稲子 恒夫   (1927-2011)

稲子 恒夫(いなこ つねお、1927年2月7日 - 2011年8月23日)は、ソビエト法・社会主義法研究者。 1948年東京大学法学部卒業。 名古屋大学で法学部長を務めた。 1990年名古屋大学名誉教授。 日中友好協会愛知県連合会顧問。 [著作] エス・エス・ストデニキン著、稲子恒夫・渓内謙共訳『ソヴェト行政法』(ソヴェト法律学大系3)巌松堂書店、1956年 パシュカーニス著、稲子恒夫訳『法の一般理論とマルクス主義』(原典法学叢書)日本評論新社 1958年、日本評論社 1971年 稲子恒夫著『ソビエト国家組織の歴史』日本評論社、1964年 稲子恒夫著『ソビエト法入門』(入門シリーズ)法律文...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イナコ ツネオ
人物別名 稲子恒夫
生年 1927年
没年 2011年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ロシアの20世紀 稲子恒夫 編著 東洋書店
2007.4
政治法律ロシア語辞典 稲子恒夫 著 ナウカ
1992.2
ザコーン : ソ連の新しい法律 - ナウカ
1990.4-
ザコーン 稲子恒夫 [訳] ナウカ
1990.7
ザコーン 稲子恒夫 [訳] ナウカ
1990.4
ザコーン : ソ連の新しい法律 稲子恒夫監修 ナウカ
1990.4-
ソ連における改革の進行と法の再編 稲子恒夫[ほか]著 者不明
1990.3
ベトナム法の研究 稲子恒夫, 鮎京正訓 著 日本評論社
1989.2
ペレストロイカは進む 稲子恒夫 著 青木書店
1988.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想