島内 景二   (1955-)

島内 景二(しまうち けいじ、1955年7月15日 - )は、電気通信大学教授、日本古典文学研究者、文芸評論家。 長崎県生まれ。 1979年東京大学文学部国文科卒、1984年同大学院博士課程単位取得満期退学、電気通信大学専任講師、1988年助教授、2003年教授。 2001年『源氏物語の影響史』で東京大学より博士(文学)を取得。 『源氏物語』を中心とする中古文学が専門だが、話型学という方法を用い、ミヒャエル・エンデや『宮本武蔵』、夏目漱石、森鴎外なども論じ、2002年頃から文芸評論家を名乗る。 塚本邦雄に師事した歌人でもある。 妻も中世文学専攻の島内裕子。 [著書] 『御伽草子の精神史』ぺり...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シマウチ ケイジ
人物別名 島内景二
生年 1955年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新訳紫式部日記 [紫式部著] ; 島内景二著 花鳥社
2022.2
新訳蜻蛉日記 [藤原道綱母原著] ; 島内景二著 花鳥社
2021.5
王朝日記の魅力 島内景二著 花鳥社
2021.9
新訳更級日記 [菅原孝標女原著] ; 島内景二著 花鳥社
2020.3
新訳和泉式部日記 [和泉式部原著] ; 島内景二著 花鳥社
2020.10
和歌の黄昏短歌の夜明け 島内景二著 花鳥社
2019.9
源氏物語に学ぶ十三の知恵 島内景二 著 ; 日本放送協会, NHK出版 編集 NHK
2017.1
大和魂の精神史 : 本居宣長から三島由紀夫へ 島内 景二【著】 ウェッジ
2015.3.23
心訳・『鳥の空音』 : 元禄の女性思想家、飯塚染子、禅に挑む 飯塚染子 原著 ; 慈雲 補筆 ; 島内景二 著 笠間書院
2013.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想