西村 雄一郎   (1951-)

西村 雄一郎(にしむら ゆういちろう、1951年10月 - )は、佐賀県を拠点に活動する映画評論家。 [来歴・人物] 佐賀県の県都・佐賀市の老舗旅館「松川屋」の長男として生まれる。 5歳の時、松竹映画『張込み』のロケ隊が実家の旅館に押し寄せてきた。 ロケ隊が1ヶ月も宿泊地として借りきったためであった。 特に刑事役の宮口精二から可愛がられた。 小学校4年の時に黒澤明監督の『椿三十郎』に感銘を受けたのが、映画の世界をめざす契機となった。 佐賀県立佐賀西高等学校卒業後、本格的に映画を勉強する事を志し、早稲田大学第一文学部演劇科に入学。 大学1年の時、黒澤の自殺未遂事件が起き、その時黒澤についての卒...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ニシムラ ユウイチロウ
人物別名 西村雄一郎
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 映画評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
殉愛 西村雄一郎 [著] 講談社
2017.2
清張映画にかけた男たち 西村雄一郎 著 新潮社
2014.11
殉愛 : 原節子と小津安二郎 西村雄一郎 著 新潮社
2012.8
ぶれない男熊井啓 西村雄一郎 著 新潮社
2010.2
黒澤チルドレン 西村雄一郎 著 小学館
2010.6
映画でクラシック! 西村雄一郎 著 新潮社
2007.2
黒澤明 : 封印された十年 西村雄一郎 著 新潮社
2007.8
黒澤明と早坂文雄 : 風のように侍は 西村雄一郎 著 筑摩書房
2005.10
一人でもできる映画の撮り方 西村雄一郎 著 洋泉社
2003.4
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想