長屋 宏   (1931-)

長屋 宏(ながや ひろし、1931年 - )は、日本のアレルギー専門医、社会福祉法人康和会 久我山臨床アレルギー研究所、久我山アレルギークリニック院長。 米国での豊富なアレルギー診療の経験を活かし、減感作療法を日本に普及している。 気管支喘息をはじめとする各種アレルギー病の診療で、日本でトップクラスの実績を上げている。 日本のアレルギー診療の改善可能な点として、原因アレルゲンを確認するための感度の高い皮膚テストを行うこと、ダニや花粉をはじめとする標準化アレルゲンワクチンを日本でも使用可能にして有効な減感作療法を行うことなどを指摘している。 現在日本で増加する小児喘息に関しても、安全かつ有効な標...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガヤ ヒロシ
人物別名 長屋宏
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 医学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本のアレルギー診療は50年遅れている : 喘息も花粉症もアレルギー免疫療法(減感作療法)で治る 長屋宏 著 メディカルトリビューン
2007.6
減感作療法でぜんそくは治る 長屋宏 著 講談社
1995.10
アレルギー : 正しい治療のために 長屋宏 著 中央公論社
1988.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想