今井 登志喜   (1886-1950)

今井 登志喜(いまい としき、1886年6月8日 - 1950年3月21日)は、西洋史学者、東京帝国大学名誉教授。 [生涯・業績] 長野県諏訪郡平野村(現岡谷市)生まれ。 長野県立諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)卒業。 第一高等学校を経て、1911年東京帝国大学史学科西洋史科卒業。 1919年第一高等学校教授、1923年東京帝国大学西洋史学科助教授、同年から1926年まで欧米に留学、1930年教授となり、1940年文学部長就任。 英国史、特に都市発達史を専門とし、郷土史研究にも貢献した。 主著『英国社会史』は名著として知られる。 1947年定年退官。 戦後は登呂遺跡調査会委員長も務めた...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イマイ トシキ
人物別名 今井登志喜
生年 1886年
没年 1950年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
都市発達史研究 今井登志喜 著 東京大学出版会
2001.5
英国社会史 今井登志喜 著 東京大学出版会
2001.5
英国社会史 今井登志喜 著 東京大学出版会
2001.5
都市の発達史 : 近世における繁栄中心の移動 今井登志喜 著 誠文堂新光社
1980.11
都市発達史研究 今井登志喜著 東京大学出版会
1978
英国社会史 今井登志喜 著 東京大学出版会
1954
歴史学研究法 今井登志喜 著 東京大学出版会
1953
英国社会史 今井登志喜 著 東京大学出版会
1953
都市と村落 - 石泉社
社会学大系刊行会
1953.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想