今井 清一   (1924-)

今井 清一(いまい せいいち、 1924年2月7日 - )は、日本の歴史学者・政治学者。 横浜市立大学名誉教授。 専門は日本近現代史・政治史。 [略歴] 群馬県前橋市出身。 群馬県立前橋中学校(現、群馬県立前橋高等学校)、第一高等学校を経て、1942年東京帝国大学法学部政治学科入学、1945年9月卒業、1947年東京帝国大学大学院に入学。 1952年横浜市立大学専任講師、1955年同助教授、1960年同教授、1991年、湘南国際女子短期大学教授。 丸山眞男に学び、1955年藤原彰・遠山茂樹との共著『昭和史』は亀井勝一郎らとの「昭和史論争」を起こした。 妻の父親は尾崎秀実。 [著書] 『日本...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イマイ セイイチ
人物別名 今井清一
生年 1924年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
濱口雄幸伝 今井清一 著 朔北社
2013.12
濱口雄幸伝 今井清一 著 朔北社
2013.12
GHQ情報課長ドン・ブラウンとその時代 : 昭和の日本とアメリカ 横浜国際関係史研究会, 横浜開港資料館 編 日本経済評論社
2009.3
成金天下 今井清一 編著 筑摩書房
2008.1
震災にゆらぐ 今井清一 編著 筑摩書房
2008.3
果てしなき戦線 橋川文三, 今井清一 編著 筑摩書房
2008.5
関東大震災下の中国人虐殺事件 今井清一 監修 ; 仁木ふみ子 編 明石書店
2008.10
横浜の関東大震災 今井清一 著 有隣堂
2007.9
日本近代史 今井清一 著 岩波書店
2007.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想