保坂 高殿   (1955-)

保坂 高殿(ほさか たかや、1955年4月5日 - )は、日本の西洋古典・西洋古代史学者、千葉大学教授。 東京出身。 東京外国語大学卒。 1990年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学、1993年千葉大教養部助教授、1994年文学部助教授、2007年准教授、2008年教授。 同年「ローマ帝政初期のユダヤ・キリスト教迫害」で日本学士院賞受賞。 2009年「ローマ帝政中期の国家と教会 キリスト教迫害史研究193-311年」で東京大学博士(学術)。 [著書] 『ローマ帝政初期のユダヤ・キリスト教迫害』教文館 2003 『多文化空間のなかの古代教会』異教世界とキリスト教 教文館 20...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ホサカ タカヤ
人物別名 保坂高殿
生年 1955年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
古代地中海世界における文化受容の諸断面 保坂高殿 編 千葉大学大学院人文社会科学研究科
2014.2
古代地中海世界における文化受容の諸断面 保坂高殿編 千葉大学大学院人文社会科学研究科
2014.2
新約聖書とローマ法・ローマ社会 A.N.シャーウィン・ホワイト著 ; 保坂高殿訳 日本キリスト教団出版局
2010.2
ローマ帝政中期の国家と教会 : キリスト教迫害史研究193-311年 保坂高殿 著 教文館
2008.3
ヨーロッパ古典古代における伝統主義の変容 研究代表者 保坂高殿 千葉大学
2007.3
ローマ史のなかのクリスマス 保坂高殿 著 教文館
2005.9
多文化空間のなかの古代教会 保坂高殿 著 教文館
2005.10
世界像・人間像の変遷 小川ツヨシ ほか著 彩流社
2003.4
ローマ帝政初期のユダヤ・キリスト教迫害 保坂高殿 著 教文館
2003.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想