井汲 越次   (1903-1976)

井汲 越次(いくみ えつじ、1903年 - 没年不明)は、日本のドイツ文学者。 戦後、大阪府立大学教授、大阪女子大学教授、1967年大手前女子大学教授を歴任し、ドイツ・ロマン派、特にハイネを研究、翻訳した。 [翻訳] 影を失くした男 ペーター・シュレミール奇譚 シャミッソー 岩波文庫 1936 ニイチェ芸術論抄 1 改造文庫 1937 ドイツ冬物語 ハインリヒ・ハイネ 岩波文庫、1938 国民経済に奉仕する主婦(エルゼ・フォールヴェルク 新独逸国家大系第11巻 日本評論社 1939 東南アジア地政治学 白色・赤色・黄色間の将来の戦場 クルト・ヴィールスビッキイ 科学主義工業社 1941 アツ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イクミ エツジ
人物別名 井汲越次
生年 1903年
没年 1976年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ロマンツェーロー ハイネ 作 ; 井汲越次 訳 岩波書店
1951.5(第3刷:2001.2)
ロマンツェーロー ハイネ 作 ; 井汲越次 訳 岩波書店
1951.7(第2刷:2001.2)
ロマンツェーロー ハイネ 著 ; 井汲越次 訳 岩波書店
1951
ロマンツェーロー ハイネ 著 ; 井汲越次 訳 岩波書店
1951
冬物語 : ドイツ ハイネ 著 ; 井汲越次 訳 岩波書店
1949
ダントンの死 : 他2篇 ビューヒネル 著 ; 井汲越次 訳 日本評論社
1949
アッタ・トロル : 真夏の夜の夢 ハインリツヒ・ハイネ 著 ; 井汲越次 訳 日本評論社
昭和24
アツタ・トロル : 真夏の夜の夢 ハインリヒ・ハイネ 著 ; 井汲越次 訳 日本評論社
昭和22
東南アジア地政治学 : 白色・赤色・黄色間の将来の戦場 クルト・ヴィールスビツキイ 著 ; 井汲越次 訳 科学主義工業社
昭和16
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想