三浦 佑之   (1946-)

三浦 佑之(みうら すけゆき、1946年8月 - )は、国文学者(古代文学・伝承文学)、千葉大学名誉教授、立正大学教授。 [人物] 三重県美杉村(現津市)出身。 三重県立津高等学校、成城大学文芸学部卒業、同大学院博士課程単位取得退学。 共立女子短期大学、千葉大学教授を経て立正大学教授。 2013年4月より立正大学大学院文学研究科長。 2002年に出版した『口語訳 古事記』がベストセラーになった。 上代文学関連で多くの著作がある。 直木賞作家・三浦しをんの父である。 [受賞] 1988年6月、『村落伝承論』で第5回上代文学会賞を受賞。 2003年12月、『口語訳 古事記』で第1回角川財団学芸...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミウラ スケユキ
人物別名 三浦佑之
生年 1946年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「海の民」の日本神話 : 古代ヤポネシア表通りをゆく 三浦佑之著 新潮社
2021.9
古事記の神々 三浦佑之[著] Kadokawa
2020.8
神話と歴史叙述 三浦佑之 [著] 講談社
2020.9
読み解き古事記 三浦佑之著 朝日新聞
2020.10
古事記の神々 : 付古事記神名辞典 三浦佑之 [著] Kadokawa
2020.8
古事記神話入門 三浦佑之著 文芸春秋
2019.11
出雲神話論 三浦佑之著 講談社
2019.11
古事記学者(コジオタ)ノート 三浦佑之 著 青土社
2017.1
列島語り 赤坂憲雄, 三浦佑之 著 青土社
2017.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想