長岡 勉   (1952-)

この人物の情報

人物名ヨミ ナガオカ ツトム
人物別名 長岡勉
生年 1952年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
化学センサ・バイオセンサ 矢嶋摂子, 長岡勉, 椎木弘著 ; 日本分析化学会編 共立
2021.2
基礎分析化学 小熊幸一, 酒井忠雄 編著 朝倉書店
2015.3
過酸化ポリピロールを用いる鋳型高分子の作成と汎用化に関する研究 研究代表者 長岡勉 山口大学工学部
2003.3
分子形状記憶導電性ポリマーを用いるアミノ酸キラルセンサーの実用化研究 研究代表者 長岡勉 山口大学工学部
2002.3
アミノ酸の光学異性体を認識する高精度センサーの開発 研究代表者 長岡勉 山口大学工学部
2001.3
外部より制御可能な電導性ポリマーコロイドの開発と高選択的分離への応用 研究代表者 長岡勉 長岡勉(山口大学工学部)
1999.3
電導性多孔質カラムを用いる電気化学的イオンクロマトグラフィの開発 研究代表者 長岡勉 長岡勉(山口大学工学部)
1992.3
金ナノ粒子間の空間を利用する分子デバイスセンサの開発 研究代表者 長岡勉 長岡, 勉
2007.3
分子鋳型を用いる高精度センサーの開発と生体関連物質定量への応用 代表研究者 長岡勉 長岡, 勉
2005.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想