今村 俊三   (1928-1990)

今村 俊三(いまむら しゅんぞう、1928年1月25日 - 1990年12月24日 )は日本の俳人。 [経歴] 大分県大分市生まれ。 教職にあった父親の転勤にともない、中津市、若松市(現北九州市)、直方市などで幼少期・少年期を過ごし、終戦を福岡市で迎える。 旧制福岡県立福岡中学校在学中に、右上葉浸潤、左肺上部空洞、左腎臓結核を併発、その後死去まで、結核と闘うことになる。 1946年、同中学校卒業。 桂樟蹊子および石田波郷に師事。 「霜林」「鶴」を経て、1979年、「桃滴舎」を創刊、主宰。 1980年から1983年まで、西日本新聞のコラム欄「風車」を担当。 句集10冊のほかに、「風車」のコラム...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イマムラ シュンゾウ
人物別名 今村俊三
生年 1928年
没年 1990年
職業・経歴等 俳人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
桃滴日録 今村俊三 著 桃滴舎
1992.12
深養集 : 句集 今村俊三 著 今村マスコ
1991.7
摘花集 : 俳句 今村俊三 著 桃滴舎
1988.7
桃滴記 今村俊三 著 桃滴舎
1987.10
冬の樫 : 句集 今村俊三著 福岡鶴俳句会
1973.11
家 : 今村俊三句集 今村俊三著 福岡鶴俳句会
1972.1
蟹曼荼羅 : 句集 今村俊三著 福岡鶴俳句会
1972.9
鳩の頸 : 句集 今村俊三 著 竹頭社
1961
滿州國人傑紹介號 今村俊三著 日支問題研究会
1936.5
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想