小森 陽一   (1953-)

小森 陽一(こもり よういち、1953年5月14日 - )は、東京都出身の日本文学者。 全国「九条の会」事務局長。 東京大学教授。 専攻は、近代日本文学、構造主義記号論。 [人物] 日本共産党党員で、書記局員であった父親の仕事の関係で、1961年から4年間、ソ連の衛星国だったチェコスロバキアのプラハで過ごす。 プラハでは、ソ連外務省が直接運営する外国共産党幹部子弟専用のソビエト学校に通い、ピオネール(ソ連・共産圏の少年団)にも加入していた。 そのために帰国後、型にはまった日本語でしか話すことができず苦労した(『小森陽一、ニホン語に出会う』)。 北海道大学文学部・同大学院では亀井秀雄の指導を受...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コモリ ヨウイチ
人物別名 小森陽一

코모리, 요이치

코모리, 요우이치
生年 1953年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
加藤周一、米原万里と行くチェコの旅 : 中欧から見た世界と日本 小森陽一, 金平茂紀, 辛淑玉著 かもがわ
2019.3
「ポスト真実」の世界をどう生きるか : ウソが罷り通る時代に 小森陽一編著 新日本出版社
2018.4
手塚マンガで憲法九条を読む 手塚治虫マンガ 子どもの未来社
2018.6
13歳からの夏目漱石 小森陽一 著 かもがわ
2017.3
漱石激読 石原千秋, 小森陽一 著 河出書房新社
2017.4
漱石辞典 小森陽一, 飯田祐子, 五味渕典嗣, 佐藤泉, 佐藤裕子, 野網摩利子 編集 翰林書房
2017.5
コモリくん、ニホン語に出会う 小森陽一 [著] Kadokawa
2017.6
構造としての語り 小森陽一 著 青弓社
2017.9
あきらめることをあきらめた 小森陽一, 黒澤いつき, 元山仁士郎, 西郷南海子 著 かもがわ
2016.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想