網野 菊   (1900-1978)

網野 菊(あみの きく、1900年1月16日 - 1978年5月15日)は明治から昭和にかけての女流作家。 東京都生まれ。 日本芸術院会員。 日本女子大学英文科を卒業したのち、母校で教師を務める。 1922年から二年あまり早稲田大学露文科の聴講生となる。 湯浅芳子と交流し、関東大震災後志賀直哉を奈良に訪れ生涯の師とし、1926年から二年間奈良に住んだ。 1930年結婚して満洲奉天に渡り文筆から遠ざかるが、38年離婚し、1940年に『汽車の中で』で復活。 私小説、随筆風の作品が多い。 ロシアの児童文学、民話などの翻訳もある。 1962年「さくらの花」で芸術選奨文部大臣賞および女流文学賞。 196...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アミノ キク
人物別名 網野菊

網野, 菊子

網野, きく
生年 1900年
没年 1978年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
おん身は花の姿にて : 網野菊アンソロジー 網野菊 著 ; 山下多恵子 編・解説 未知谷
2011.2
阿部知二, 網野菊, 伊藤整, 川端康成, 幸田文, 志賀直哉, 徳川夢聲, 長谷川如是閑, 林芙美子, クラフト・エヴィング商會 著 中央公論新社
2009.12
一期一会・さくらの花 網野菊 著 埼玉福祉会
2003.5
一期一会・さくらの花 網野菊 著 埼玉福祉会
2003.5
網野菊・芝木好子・中里恒子 網野菊, 芝木好子, 中里恒子 著 角川書店
1999.5
せむしの小馬 エルショーフ 作 ; 網野菊 訳 岩波書店
1995.2
ゆれる葦 網野菊 著 講談社
1994.11
一期一会・さくらの花 網野菊 著 講談社
1993.7
夢を追う子 ハドソン作 ; 網野菊訳 岩波書店
1992
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想