瀬川 美能留   (1906-1991)

瀬川 美能留(せがわ みのる、1906年3月31日 - 1991年9月10日)は日本の実業家。 野村證券元社長・会長。 [来歴・人物] 奈良県出身。 成器商業を経て、大阪高等商業学校・大阪商科大学高等商業部卒業後、野村證券へ入社。 1959年に社長就任し、1965年には調査部を独立して、野村総合研究所設立。 右翼の政商児玉誉士夫に莫大な資金を送り込んでいたことでも知られる。 1968年からは会長を務め、その後は相談役を務めた。 その他には日本証券業協会連合会会長を務める傍ら、瀬川学術振興基金を設立し、その融資を大阪市に寄付し、大阪市立大学証券研究センターをバックアップさせた。 その他には大和...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セガワ ミノル
人物別名 瀬川美能留
生年 1906年
没年 1991年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
追悼瀬川美能留 追悼瀬川美能留編纂委員会編 野村証券
1992.9
私の証券昭和史 瀬川美能留 著 東洋経済新報社
1986.11
NHKわたしの自叙伝 瀬川美能留, 吉野俊彦 述 NHKサービスセンター
大空社
2012.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想