大岡 玲   (1958-)

大岡 玲(おおおか あきら、1958年10月16日 - )は、日本の作家・イタリア文学者・東京経済大学教授。 [略歴] 詩人大岡信と劇作家の深瀬サキの長男として東京に生れる。 中学・高校時代は、文学少年であると同時に、小林信彦の影響を受けた映画少年でもあった。 武蔵高等学校卒業。 高校の同級生に有近真澄がいた。 2年の浪人の後、浪人時代に読んだイタロ・カルヴィーノの影響で、東京外国語大学外国語学部イタリア語学科へ入学。 大学時代から小説を書き始める。 卒業後、同大学大学院外国語学研究科ロマンス系言語専攻修士課程修了。 1987年「緑なす眠りの丘で」が雑誌『文学界』に掲載され、作家デビュー。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオオカ アキラ
人物別名 大岡玲
生年 1958年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
不屈に生きるための名作文学講義 大岡玲 著 ベストセラーズ
2016.3
ピノッキオの冒険 カルロ・コッローディ 著 ; 大岡玲 訳 光文社
2016.11
たすけて、おとうさん 大岡玲 著 平凡社
2015.7
男の読書術 大岡玲 著 岩波書店
2013.10
文豪たちの釣旅 大岡玲 著 フライの雑誌社
2012.6
本に訊け! 大岡玲 著 光文社
2011.11
ひと粒の宇宙 石田衣良 ほか著 角川グループパブリッシング
角川書店
2009.11
極上掌篇小説 いしいしんじ, 石田衣良, 伊集院静, 歌野晶午, 大岡玲, 大崎善生, 片岡義男, 勝目梓, 車谷長吉, 玄侑宗久, 小池昌代, 佐伯一麦, 佐野洋, 重松清, 高橋克彦, 高橋源一郎, 高橋三千綱, 嶽本野ばら, 筒井康隆, 西村賢太, 橋本治, 蜂飼耳, 平野啓一郎, 古川日出男, 星野智幸, 堀江敏幸, 又吉栄喜, 三田誠広, 矢作俊彦, 吉田篤弘 著 角川書店
2006.10
文芸誌「海」精選対談集 大岡玲 編 中央公論新社
2006.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想