加藤 朗   (1951-)

加藤 朗(かとう あきら、1951年 - )は、日本の国際政治学者。 桜美林大学リベラルアーツ学群教授および国際学研究所所長。 専門は、国際政治学、安全保障論。 [人物] 鳥取県生まれ。 早稲田大学政治経済学部卒業。 会社勤務を経て同大学院政治学研究科修士課程に入学し吉村健蔵に師事。 在学中にはシカゴ大学大学院に留学。 修士課程終了後、防衛庁防衛研究所に入所。 その間にスタンフォード大学フーバー研究所客員研究員、ハーバード大学国際問題研究所日米関係プログラム客員研究員、モンタナ州立大学マンスフィールド研究所客員研究員などを歴任。 1996年より桜美林大学国際学部に助教授として着任。 2001...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カトウ アキラ
人物別名 加藤朗
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 政治学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
グローバルシフトと新たな戦争の領域 : 精密兵器と競争のフロンティアが国際政治に及ぼす変動と変容 藤巻裕之編著 ; 加藤朗 [ほか執筆] 東海教育研究所
2022.5
抑止力神話の先へ : 安全保障の大前提を疑う 柳澤協二 [ほか] 著 ; 自衛隊を活かす会編 かもがわ
2020.3
新・日米安保論 柳澤協二, 伊勢﨑賢治, 加藤朗 著 集英社
2017.5
日本の安全保障 加藤朗 著 筑摩書房
2016.11
シリーズ日本の安全保障 遠藤誠治, 遠藤乾 編集代表 岩波書店
2015.8
闘う平和学 加藤朗, 木村朗, 前田朗 共著 三一書房
2014.3
テロリズムの歴史 フランソワ=ベルナール・ユイグ 著 ; 加藤朗 監修 ; 遠藤ゆかり 訳 創元社
2013.9
13歳からのテロ問題リアルな「正義論」の話 加藤朗 著 かもがわ
2011.9
戦略原論 石津朋之, 永末聡, 塚本勝也 編著 日本経済新聞出版社
2010.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想