井上 操   (1847-1905)

井上 操(いのうえ みさお、弘化4年9月20日(1847年10月28日) - 明治38年(1905年)2月23日)は、日本の法律家。 [経歴] 信濃国松代城下に松代藩士井上五郎左衛門の子として生まれる。 藩の兵制士官学校で武田斐三郎について学び、司法省法学校に入学。 在学中に山県有朋の知遇を得る。 1876年卒業。 1882年から明治法律学校で治罪法(刑事訴訟法)の講義を担当。 1886年、東京帝国大学教授に任じられるが、判事に転じて大阪控訴院評定官となり、その後、大井憲太郎らによる大阪事件の裁判のため、大阪重罪裁判所裁判長となった。 関西法律学校が開校すると刑法などの講義を担当する。 18...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イノウエ ミサオ
人物別名 井上操
生年 1847年
没年 1905年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本立法資料全集 フォースタン・ヱリー著 ; 井上操, 一瀬勇三郎, 龜山貞義合譯 信山社
2007.4
日本立法資料全集 フォースタン・ヱリー著 ; 井上操, 一瀬勇三郎, 龜山貞義合譯 信山社
2007.4
日本立法資料全集 大木 喬任;ボアソナード【問答】;井田 鐘次郎;岩野 新平;井上 操;高木 豊三【合訳】 信山社
2004.4
日本立法資料全集 井上 操【著】 信山社
2002.4
日本立法資料全集 井上 操【著】 信山社
2002.5
日本立法資料全集 井上 操【著】 信山社
2002.3
日本立法資料全集 井上 操【著】 信山社
2002.6
日本立法資料全集 井上 操【著】 信山社
2002.6
日本立法資料全集 井上 操【著】 信山社
2002.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想