内田 樹   (1950-)

内田 樹(うちだ たつる、1950年9月30日 - )は、日本の哲学研究者、思想家、倫理学者、武道家、翻訳家、神戸女学院大学名誉教授。 東京大学文学部卒業。 東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。 学位は修士(東京都立大学・1980年)。 [経歴] 東京都大田区下丸子に生まれ育つ(父は、満鉄、戦時中は政府機関に所属した。 戦後、サラリーマンを経て会社を経営し、日中友好協会にも関わった)。 1963年に大田区立東調布第三小学校を、1967年に大田区立矢口中学校を卒業。 1966年、東京都立日比谷高等学校に進むが、高校2年で成績が学年最下位になり、のち品行不良を理由に退学処分を受け、ジャ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウチダ タツル
人物別名 内田樹
生年 1950年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
道徳ってなに? 内田樹著 ; こどもくらぶ編 かもがわ
2019.1
街場の平成論 内田樹編 ; 小田嶋隆 [ほか] 著 晶文社
2019.3
武道的思考 内田樹著 筑摩書房
2019.4
株式会社化する日本 : 平成の実相から戦後日本の深層を読み解く 内田樹, 鳩山友紀夫, 木村朗著 詩想社
2019.3
善く死ぬための身体論 内田樹, 成瀬雅春著 集英社
2019.4
日本人にとって聖地とは何か 内田樹 [ほか] 著 東京書籍
2019.4
酒呑みに与ふる書 キノブックス編集部編 キノブックス
2019.1
身体 (からだ) の言い分 内田樹, 池上六朗著 毎日新聞社
2019.4
小池晃対話集 : 政治に希望はある 小池晃著 新日本出版社
2019.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想