出 隆   (1892-1980)

出 隆(いで たかし、1892年(明治25年)3月10日 - 1980年(昭和55年)3月9日) は、日本の哲学者。 [概要] 岡山県苫田郡津山町(現津山市)で、渡部惟明(元鶴山高等小学校校長)の次男として生まれる。 津山中学校在学中に叔父出道直の養子となる。 第六高等学校を経て東京帝国大学卒業、大学院に入り、副手を嘱託される。 1920年、日本大学および法政大学教授、1921年、東洋大学教授となる。 同年刊行の『哲学以前』は哲学青年の愛読書となる。 1924年、東京帝大助教授となり、1925年より二年間、英国、およびドイツに留学、1935年(昭和10年)、教授昇任、西洋哲学史を講じる。 1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イデ タカシ
人物別名 出隆
生年 1892年
没年 1980年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
エピクロス [エピクロス] [著] ; 出隆, 岩崎允胤 訳 岩波書店
2002.4
哲学以前 出隆 著 講談社
1988.4
アリストテレス全集 山本光雄 編 岩波書店
1988.9
プロティノスとアウグスティヌスの哲学講義 出隆 著 新地書房
1987.2
アリストテレス全集 山本光雄 編 岩波書店
1987.12
青春の記録 久山康 編 筑摩書房
1974
出隆著作集 出隆著 勁草書房
1973
アリストテレス哲学入門 出隆 著 岩波書店
1972
哲学以前 出隆 著 宝文館
1970
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想