藤竹 暁   (1933-)

藤竹 暁(ふじたけ あきら、1933年1月1日 - )は、日本の社会学者、マス・コミュニケーション研究者、学習院大学名誉教授。 NHK放送文化研究所、学習院大学で長く活躍した。 1966年、エヴェリット・ロジャースの訳書『技術革新の普及過程』を刊行(Diffusion of Innovations の日本語初訳)。 1980年、『図説日本のマス・コミュニケーション』を山本明と共著、以降、日本におけるマス・メディア研究の基本的学習書として版を重ね、山本の死後は、藤竹単独編による後継書『図説日本のマスメディア』が版を重ねた。 若者文化研究や、ジャーナリズムにおける評論活動も展開した。 [経歴] ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フジタケ アキラ
人物別名 藤竹暁
生年 1933年
没年 -
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
文化社会学基本文献集 吉見俊哉 監修 日本図書センター
2014.1
図説日本のメディア 藤竹暁 編著 NHK
2012.9
環境になったメディア : マスメディアは社会をどう変えているか 藤竹暁 著 北樹
2008.12
図説日本のマスメディア 藤竹暁 編著 日本放送出版協会
2005.9
環境になったメディア : マスメディアは社会をどう変えているか 藤竹暁 著 北樹
2004.3
都市は他人の秘密を消費する 藤竹暁 著 集英社
2004.10
ワイドショー政治は日本を救えるか : テレビの中の仮想政治劇 藤竹暁 著 ベストセラーズ
2002.5
消費としてのライフスタイル 藤竹暁 編 至文堂
2000.5
流行/ファッション 藤竹暁 編 至文堂
2000.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想