桂 米之助   (1928-1999)

3代目 桂 米之助(3だいめ かつら よねのすけ、1928年11月8日 - 1999年3月5日)は、上方噺家。 大阪府大阪市出身。 本名は矢倉悦夫。 享年71。 出囃子は「おそづけ」。 [来歴] 映画館主だった父親の影響で、少年時代より映画や落語のポスターや資料収集に凝り、これらを送った事が縁で作家正岡容の知遇を得、正岡門下の中川清(のちの3代目桂米朝)とも知り合う。 戦時中に大阪市交通局に入局。 市電天王寺車庫で長谷川多持(のち5代目桂文枝)と出会う。 文枝に落語の世界に進めたのも米之助である。 1947年7月、かねてから懇意にしていた4代目桂米團治に入門、師の前名「米之助」の名をもらう。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カツラ ヨネノスケ
人物別名 桂米之助
生年 1928年
没年 1999年
職業・経歴等 落語家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
上方落語よもやま草紙 桂米之助 著 たる
1998.11
浪花なんでも地名ばなし 桂米之助 著 コア企画
1988.5
大阪ふらり : 落語漫歩 桂米之助 著 夏の書房
1984.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想