宇野 邦一   (1948-)

宇野 邦一(うの くにいち、1948年7月30日 - )は、日本の哲学者、フランス文学研究者。 専門は、映像身体論、身体論、現代思想。 立教大学現代心理学部教授。 島根県松江市出身。 [経歴] 京都大学文学部仏文学科卒業。 パリ第8大学でジル・ドゥルーズの指導をうけ、アントナン・アルトーについての研究で1980年に博士号取得。 1979年、「文学の終末について」で第22回群像新人文学賞評論部門優秀作。 大阪外国語大学を経て、1987年より立教大学に勤務。 現在は同大学現代心理学部教授。 [著書] 『意味の果てへの旅――境界の批評』、青土社、1985年。 『風のアポカリプス』、青土社、198...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウノ クニイチ
人物別名 宇野邦一
生年 1948年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
iHuman : AI時代の有機体-人間-機械 河本英夫, 稲垣諭編著 ; 宇野邦一 [ほか執筆] 学芸みらい社
2019.3
政治的省察 : 政治の根底にあるもの 宇野邦一著 青土社
2019.5
モロイ サミュエル・ベケット著 ; 宇野邦一訳 河出書房新社
2019.5
土方巽 宇野邦一 [著] みすず書房
2017.2
タラウマラ A・アルトー 著 ; 宇野邦一 訳 河出書房新社
2017.6
カフカ ジル・ドゥルーズ, フェリックス・ガタリ [著] ; 宇野邦一 訳 法政大学出版局
2017.10
〈兆候〉の哲学 宇野邦一 著 青土社
2016.1
フランシス・ベーコン感覚の論理学 ジル・ドゥルーズ 著 ; 宇野邦一 訳 河出書房新社
2016.2
アルトー後期集成 アントナン・アルトー [著] ; 宇野邦一, 鈴木創士 監修 ; 管啓次郎, 大原宣久 訳 河出書房新社
2016.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想