宮田 征典   (1939-2006)

宮田 征典(みやた ゆきのり、1939年11月4日 - 2006年7月13日)は、群馬県前橋市出身の元プロ野球選手(投手)、野球指導者、野球解説者。 日本野球界におけるリリーフ専門投手の草分け的存在で「8時半の男」と呼ばれた。 種部儀康は義兄。 [来歴・人物] 子供の頃はよく実家近くの利根川で泳ぎ、小学校5年生から中学生までは水泳部に所属するほど水泳好きだったが、中学校でいとこに誘われたことをきっかけに野球を始める。 前橋高校では王貞治を擁する早稲田実業と対戦して完封勝ちし、その名が知られることになる。 日本大学へ進学し、東都大学リーグで3度優勝。 1961年の全日本大学野球選手権大会では決...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤタ ユキノリ
人物別名 宮田征典
生年 1939年
没年 2006年
職業・経歴等 野球選手

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
一流投手を育てる 宮田征典 著 草思社
2002.7
野球・投手編 宮田征典 監修 成美堂
1998.12
雪辱 宮田征典 著 光文社
1984.11
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想