下川 裕治   (1954-)

下川裕治(しもかわ ゆうじ、1954年6月8日 - )は日本の旅行作家。 [略歴] 長野県松本市に生まれ、長野県松本深志高等学校を経て慶應義塾大学経済学部を卒業。 大学在学時代から、学生新聞「慶応義塾新聞」などに旅行記やエッセイを発表。 卒業後、産経新聞の記者を経てフリーランス。 「12万円で世界を歩く」が旅行作家としての事実上のデビュー作で、バスや列車を乗り継ぐ「バックパッカー」スタイルでの旅を書き続けている。 1980年代と1990年代の2度、バンコクでタイ語を学ぶ。 アジアに関する著書多数。 [エピソード] バンコクではソイ・アーリーで暮らしていた。 『オカマのプーさん』では、タイ王...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シモカワ ユウジ
人物別名 下川裕治
生年 1954年
没年 -
職業・経歴等 随筆家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
5万4千円でアジア大横断 下川裕治著 朝日新聞
2021.4
「裏国境」突破東南アジア一周大作戦 下川裕治著 朝日新聞
2021.7
アジアのある場所 下川裕治著 光文社
2021.8
旅が好きだ! : 21人が見つけた新たな世界への扉 河出書房新社編 ; 角田光代[ほか]著 河出書房新社
2020.6
世界最悪の鉄道旅行 : ユーラシア大陸横断2万キロ 下川裕治著 朝日新聞
2020.8
台湾の秘湯迷走旅 下川裕治, 広橋賢蔵, 中田浩資著 双葉社
2020.12
日本の外からコロナを語る : 海外で暮らす日本人が見たコロナと共存する世界各国の今 下川裕治責任編集 メディアパル
2020.12
インド、ネパールからシルクロードへ 下川裕治著 平凡社
2019.6
12万円で世界を歩くリターンズ 下川裕治著 ; 阿部稔哉写真 朝日新聞
2019.7-
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想