藤本 勝次   (1921-2000)

藤本 勝次(ふじもと かつじ、1921年 - 2000年)は日本の中東イスラーム学者。 元関西大学文学部教授。 専攻は中世イスラム文化史。 大阪府大阪市生まれ。 京都帝国大学東洋史学科でアラビア語を学ぶ。 1975年4月から1982年9月までの間、関西大学の東西学術研究所の所長をつとめた。 池田修、伴康哉とともにクルアーン全文を日本語訳している。 井筒俊彦による翻訳や日本ムスリム協会版とは異なり、登場する聖書由来の人名は原音にこだわらず、「イエス」「マリア」といった既に日本語訳聖書などで定着していた表記を用いている。 [エピソード] 大学を卒業して軍隊に入ったとき、せっかくアラビア語を学んだ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フジモト カツジ
人物別名 藤本勝次
生年 1921年
没年 2000年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
イブン・ジュバイルの旅行記 イブン・ジュバイル [著] ; 藤本勝次, 池田修 監訳 講談社
2009.7
聖典 長尾雅人, 前田護郎, 藤本勝次 著 中央公論新社
2008.6
コーラン 藤本勝次, 伴康哉, 池田修 訳 中央公論新社
2002.7
コーラン 藤本勝次, 伴康哉, 池田修 訳 中央公論新社
2002.8
旅行記 イブン・ジュバイル [著] ; 藤本勝次, 池田修 監訳 関西大学東西学術研究所
1992.3
中近東文化史論叢 藤本勝次, 加藤一朗両先生古稀記念会 編 藤本勝次, 加藤一朗両先生古稀記念会
1992.3
中近東文化史論叢 : 藤本勝次加藤一朗両先生古稀記念 藤本勝次,加藤一朗両先生古稀記念会編 関西大学文学部史学地理学科合同研究室
1992
回想録 ウサーマ・ブヌ・ムンキズ [著] ; 藤本勝次 [ほか]訳注 関西大学東西学術研究所
1987.3
中東をめぐる諸問題 藤本勝次 ほか編著 晃洋書房
1985.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想