中川 淳庵   (1739-1786)

中川 淳庵(なかがわ じゅんあん/じゅんなん、元文4年(1739年) - 天明6年6月7日(1786年7月2日)は江戸時代中期の医者・本草学者・蘭学者。 はじめ純安と名乗る。 名は鱗(りん)もしくは玄鱗。 字は攀卿。 若狭国小浜藩の蘭方医であり、杉田玄白の後輩にあたる。 前野良沢・杉田玄白とともに『解体新書』を翻訳した。 向学心と積極性に富み、多くの学者と交わり、蘭学の発展に貢献する。 [生涯] 祖父の代から小浜藩の蘭方医を務めた家系という。 江戸麹町に住んでいた。 山形藩医の安富寄碩にオランダ語を学び、本草学を田村藍水に学ぶ。 1764年(明和元年)平賀源内と共に火浣布を造った。 オランダ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカガワ ジュンアン
人物別名 中川淳庵

中川, 鱗
生年 1739年
没年 1786年
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
解体新書 [ヨハン・アダム・クルムス] [著] ; [杉田玄白] [訳] ; 西村書店編集部 編 西村書店東京出版編集部
2016.4
解體新書 [ヨハン・アダムス・クルムス著] ; 杉田玄白譯 ; 中川淳庵校 ; 石川玄常參 ; 桂川甫周閲 日本世論調査研究所
[1978.6]
物類品騭 平賀源内 著 八坂書房
1972
解體新書 [與般・亞單・闕兒武思著] ; 杉田玄白譯 ; 中川淳庵校 中尾松泉堂書店
医学古典刊行会
1967.2
物類品隲 平賀國倫編輯 ; 中川鱗, 田村善之, 青山茂恂校 今津屋辰三郎
河内屋儀助
文化3 [1806]
物類品騭 6卷 平賀國倫編輯 ; 田村善之, 中川鱗, 青山茂恂同挍 今津屋辰三郎
河内屋儀助
文化3 [1806]
物類品隲 6巻 平賀國倫編輯 ; 田村善之, 中川鱗, 青山茂恂同校 今津屋辰三郎
河内屋儀助
文化3 [1806]
物類品隲 6巻 平賀國倫編輯 ; 田村善之, 中川鱗, 青山茂恂同校 今津屋辰三郎
河内屋儀助
文化3 [1806]
解體新書 4巻図1巻 與般亞單闕兒武思著 ; 杉田玄白譯 ; 中川淳庵校 ; 石川玄常參 ; 桂川甫周閲 ; 小田野直武 [圖] 須原屋市兵衞
安永3 [1774]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想