橋本 寿朗   (1946-2002)

橋本 寿朗(はしもと じゅろう、1946年5月2日 - 2002年1月15日)は、埼玉県出身の日本の経済学者。 [プロフィール] 東京大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。 若い頃から宇野経済学の若きチャンピオンとして登場し、経済学の第一線で論陣を張った。 近現代の日本経済・日本経済史を専門とし、東京大学、法政大学を中心に研究した。 社会学者の朝倉景樹は実の甥にあたる。 [著書] 『大恐慌期の日本資本主義』(東京大学出版会)[エコノミスト賞受賞] 『両大戦間期日本のカルテル』(お茶の水書房) 『日本経済論 -二十世紀システムと日本経済-』(ミネルヴァ書房) 『戦後の日本...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハシモト ジュロウ
人物別名 橋本寿朗
生年 1946年
没年 2002年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代日本経済 橋本寿朗 [ほか] 著 有斐閣
2019.5
わが記憶、わが記録 堤清二 [述] ; 御厨貴, 橋本寿朗, 鷲田清一 編 中央公論新社
2015.11
現代日本経済 橋本寿朗, 長谷川信, 宮島英昭, 齊藤直 著 有斐閣
2011.6
山一証券100年史 粕谷誠, 伊藤修, 橋本寿朗 [著] 日本経営史研究所
極東書店
2011.10
日本の政策金融 宇沢弘文, 武田晴人 編 東京大学出版会
2009.10
現代日本経済 橋本寿朗, 長谷川信, 宮島英昭 著 有斐閣
2006.5
戦間期の造船工業 橋本寿朗 著 東京大学出版会
2004.6
重化学工業化と独占 橋本寿朗 著 東京大学出版会
2004.9
デフレの進行をどう読むか 橋本寿朗 著 岩波書店
2002.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想