原中 勝征   (1940-)

原中 勝征(はらなか かつゆき、1940年4月15日 - )は、日本の医師。 第18代日本医師会会長。 [人物] 1940年、福島県浪江町生まれ。 1966年、日本大学医学部卒業。 1967年東京大学医学部に入局。 日本大学医学部客員助教授を経て、1977年アメリカ・スローンケタリング癌研究所客員研究員となる。 1980年東京大学医科学研究所内科医局長、1990年東京大学助教授、1991年医療法人杏仁会大圃病院理事長・院長、1993年社会福祉法人筑圃苑理事長を歴任。 真壁郡市医師会副会長、茨城県医師会理事を経て、2000年茨城県医師会副会長、日本医師会代議員。 2004年茨城県医師会会長を歴...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハラナカ カツユキ
人物別名 原中勝征
生年 1940年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
TPP反対は次世代への責任 農山漁村文化協会 編 農山漁村文化協会
2016.1
私たちはなぜTPPに反対するのか 原中勝征 編著 祥伝社
2014.4
医療再生命を守る医師会へ : 原中勝征の挑戦 原中勝征 著 共同通信社
2012.3
TNF : 腫瘍壊死因子 原中勝征 著 日本医事新報社出版局
1984.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想