池 明観   (1924-)

池 明観(ジ・ミョンクワン、1924年 - )は、韓国の宗教政治学者、評論家、クリスチャン。 「T・K生」の名で1973年-1988年に雑誌『世界』に『韓国からの通信』を連載した。 [略歴] 1924年、平安北道(現在北朝鮮)生まれ。 ソウル大学卒業、徳成大学で教える。 韓国において雑誌『思想界』主幹。 1967年-1968年、NY Union theological seminaryに留学し、帰途来日。 1972年、来日、東京女子大学教授を勤め、韓国の民主化運動を支援。 1993年、韓国に帰国。 韓国翰林大学校教授を経て、同日本語学研究所所長。 2004年-2005年、国際日本文化研究セン...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ジ ミョンクワン
人物別名 池明観

Chi, Myong kwan
生年 1924年
没年 -
職業・経歴等 教員
をも見よ T・K生

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
韓国史からみた日本史 池明観 著 かんよう
2017.4
「韓国からの通信」の時代 池明観 著 影書房
2017.9
韓国文化史 池明観 著 明石書店
2011.2
叙情と愛国 : 韓国からみた近代日本の詩歌 : 1945年前後まで 池明観 著 明石書店
2011.12
韓国近現代史 : 1905年から現代まで 池明観 著 明石書店
2010.1
この国に思想・良心・信教の自由はあるのですか 思想・良心・信教の自由研究会 編 いのちのことば社
2006.3
境界線を超える旅 : 池明観自伝 池明観 著 岩波書店
2005.8
韓国と韓国人 : 一哲学者の歴史文化ノートより 池明観 著 アドニス書房
河出書房新社
2004.3
民と神と神々と : イスラーム・アメリカ・日本を読む 関西学院大学キリスト教と文化研究センター 編 関西学院大学出版会
2004.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想