二葉亭 四迷   (1864-1909)

東京生まれ。小説家、翻訳家。東京外国語学校露語科中退。明治20年(1887)坪内逍遥のすすめで、近代小説の先駆とされる言文一致体の『浮雲』を発表。さらにツルゲーネフの『あひびき』『めぐりあひ』(1888)を翻訳した。32年(1899)に東京外国語学校教授となったが35年(1902)辞職、大陸に渡る。37年(1904)に大阪朝日新聞社に入社、39年(1906)に『其面影』、40年(1907)に『平凡』を東京朝日新聞に連載。41年(1908)特派員としてペテルブルグに派遣されるが、肺結核となり帰国途上死去した。

「近代日本人の肖像」より

Wikipedia「二葉亭四迷

「青空文庫」より

二葉亭 四迷(ふたばてい しめい、1864年4月4日(元治元年2月28日) - 1909年(明治42年)5月10日)は、日本の小説家、翻訳家。 本名、長谷川 辰之助(はせがわ たつのすけ)。 筆名の由来は、処女作『浮雲』に対する卑下、特に坪内逍遥の名を借りて出版したことに対して、自身を「くたばって仕舞(め)え」と罵ったことによる。 文学に理解のなかった父に言われたというのは俗説である(『予が半生の懺悔』)。 長谷川 二葉亭(はせがわ ふたばてい)とも呼ばれる。 江戸市ヶ谷生れ。 彼の自筆履歴書によると、1883年2月1日から1885年12月25日まで、当時の専修学校(現在の専修大学)で学び、卒...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フタバテイ シメイ
人物別名 二葉亭四迷

二葉亭主人

長谷川, 二葉亭

長谷川, 辰之助
生年 1864年
没年 1909年
職業・経歴等 文学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
恋の終わりは、いつも同じだけれど…。 ライナー・マリア・リルケ, イワン・ツルゲーネフ, ハンス・クリスチャン・アンデルセン ほか 作 ; 森鷗外, 二葉亭四迷, 菊池寛 ほか 訳 くもん
2014.12
二葉亭四迷・嵯峨の屋おむろ集 中村光夫編 筑摩書房
2013.1.25
壺井栄, 二葉亭四迷, 葉山嘉樹 著 ポプラ社
2011.4
浮雲 : もてない男訳 小谷野敦 著 ; 二葉亭四迷 原著 河出書房新社
2010.2
血笑記 アンドレーエフ 著 ; 二葉亭四迷 訳 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2008.3
聞いて楽しむ日本の名作 ユーキャン著作・製作 ユーキャン
p2008
カルコ集 [ゴーリキー, ガルシン] [原作] ; 二葉亭四迷 訳 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2007.3
平凡 二葉亭四迷 著 フロンティアニセン
2005.5(第2刷)
新編浮雲 二葉亭四迷 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2005.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想